パチンコで借金地獄になったら借金返済だけでは解決できない?

パチンコ資金のために借金をするようになると、借金地獄の始まりと言えます。

パチンコをしない人からすると、パチンコで借金するなんてバカげたことです。しかし、パチンコ依存症になると借金してでも必要なお金なのです。

パチンコ依存症になると借金を繰り返すようになり、多額の借金を抱えることになり、借金に悩まされるようになります。

そんなパチンコによる借金地獄は、借金が返済できたら問題は解決するかというと、そんな甘い話ではないですよね。

今回は、パチンコによる借金地獄から抜け出し、借金を繰り返さないための解決策について取り上げています。

パチンコは借金地獄におちいりやすい

パチンコは借金地獄におちいりやすいということを、しっかりと覚えておくこと。

なぜかいうと、パチンコには依存しやすい性質があり、金銭感覚が狂ってしまうからです。

元々パチンコ店は庶民が気軽に楽しめる娯楽施設でした。ゲームセンターのような遊技施設だったはずです。

ゲームに勝てば景品が貰えるゲーム機のようなもの。しかし、裏で景品を換金できてしまうため、パチンコはギャンブル性が強くなったのです。

街中にも郊外にも、パチンコ屋がたくさんあり毎日営業しているので、誰でも気軽に行くことができますよね。

パチンコで借金地獄になっている人も、最初は軽い気持ちで始めた方がほとんど。

依存するまでのめり込んでしまうとは思っていなかったはずです。

しかし、ビギナーズラックで1日数十万円勝ってしまったりすると快感が大きく、もう一度その刺激を味わいたくなります。

連チャンで出玉が止まらない経験なんかしてしまうと、病みつきになりますよね。

パチンコは負けることの方が多いですが、勝ったときと負けたときの差が大きいほど快感もより大きくなるんです。

負ければ負けるほど、勝ったときの快感を得たい衝動が強くなり自己コントロールできなくなる人もいます。

負け続けるとお金が無くなり、それでもパチンコしたい衝動が抑えられなくて借金に手を出してしまいます。

「1万円くらいパチンコで勝てばすぐ返せる。」初めて借りるときはそう思います。

でも、借金したお金であえなく負け、パチンコ資金がなくなり借金! ATMで自分のお金を引き出すような感覚になってしまうので、借金してるとさえ思わなくなります。

勝ったときでも返済に充てずにパチンコ資金にしてません?

負けるときの方が多いので、借金残高は増える一方で、限度額いっぱいになったら別の消費者金融で新たな借金します。

借金の返済は利息分だけ、しかも借金で支払っている状態になってくると、借金のことが頭から離れなくなり、お金に悩むようになってしまうのです。

しかし、返済に困るようになってもパチンコがやめられず、自殺まで考えるようになることもあります。

パチンコ屋には、店内の音楽、パチンコ台の演出や効果音、光刺激などで、人の高揚感を高めたり、闘争心を煽ったりする仕組みが研究されて仕掛けられているのです。

自己コントロールできない人は、ちょっと暇つぶしのつもりでやったパチンコで、依存症という怖い病気になりやすいんです。

依存症になると金銭感覚が狂い、借金を繰り返して借金地獄へと落ちて行くのです。

パチンコの借金を返済するベストな方法

パチンコで作った借金、どうにかしたいですよね。

一番は、パチンコをやめて借金の返済をすることです。ダラダラと返すのではなく、1年以内とか2年以内とか、期限を決めて完済すること。

例えば、200万円の借金をで1年で返すなら、毎月20万円ほどで完済できます。

2年で返すなら、毎月10万円ほどで完済できます。

給料だけで支払えない額なら、バイトしてでも収入を増やすことです。

パチンコ屋が開店している時間に仕事を入れてしまえば、パチンコすることができなくなりますから一石二鳥です。

苦労して返済すればするほど、パチンコで借金したことに凝りますから、借金を完済した後に、パチンコで借金なんてする気になりませんよね。

絶対ダメな返済方法は、親など身近な人に借金を肩代わりしてもらうことです。

肩代わりしてもらって借金を返済すると、また安易に借金してしまいます。

仕事を増やしても返済できないほどの借金なら、債務整理で減額してもらって返済可能額にすることもできます。

二度とパチンコで借金地獄に陥らないためにも、自分で返済の苦労をすることが一番ですね。

今ある借金が返済できても解決しない?

1年2年とパチンコを我慢して働いて苦労して借金を完済しても、パチンコから足を洗うことができる人とできない人がいます。

もう懲り懲りと思っていても、パチンコをしたい衝動が再燃することがあるのです。

借金地獄から抜け出せたことで安堵し、借金してまでしないぞと決めてパチンコを解禁したら、また、同じ道を辿ることになります。

なぜなら、パチンコ依存症は完治しない病気だからです。

パチンコで覚えた快感を身体は忘れていませんから、ちょっとぐらい良いだろう。頑張ったんだからご褒美だ。なんて甘い考えはしないことです。

借金地獄に陥るほどパチンコにのめり込んだ人は、確実にパチンコ依存症です。

パチンコ依存症は、一生の付き合いになると覚えておきましょう。

パチンコ依存症になった原因を変える

苦労して自力でパチンコの借金を返済しろと言われても、重度のパチンコ依存症になるとできない人もいます。

職場でのストレスが原因でパチンコにのめり込んでしまったとしたら、その職場で仕事を増やすことでストレスがさらに大きくなり、パチンコに逃げたくなります。

仕事をサボってしまえば、パチンコできますからね。

また、家庭でのストレスからパチンコに快楽を求めるようになった場合も、家庭環境が変わらない限り、パチンコをしたい衝動が止められませんよね。

自己コントロールができる人は、パチンコは楽しみの一つとしてやっていて、依存症になったりしません。

パチンコ依存症になってしまう人の背景には、何か原因があることが多いですから、その原因を探って環境を変えていくことも必要です。

その場合、本人だけでは難しいことが多いので、家族の協力が必要ですね。

依存症治療が必要な場合もある

重度のパチンコ依存症になると、自分の意思だけでは克服できない場合があります。

そんな場合は、依存症の治療が必要かもしれません。

GAという依存症患者が定期的に集まる自助グループに参加したり、病院での治療、依存症回復施設への入所などの方法があります。

地域によって利用できる病院や施設がありますから、全国の精神保健福祉センターで問い合わせてみると良いでしょう。

全国の精神保健福祉センター一覧

まとめ

パチンコ資金のために借金をするようになると、借金地獄が始まります。

借金してまでパチンコをする人は、パチンコ依存症になっている可能性が髙く、金銭感覚が狂ってしまうからです。

パチンコで勝って返せると言いつつ、借金したお金を湯水のごとく使ってしまい、返済するどころか借金を増やしていきます。

パチンコで作った借金は、パチンコができない環境を作り、借金の返済を最優先にして自力で返すことですね。

仕事を増やすなどで収入を増やすことも必要です。

多額すぎて返済が困難な場合は、債務整理で借金を減額する方法もあります。

自分の意思だけでパチンコ依存症を克服するは困難ですから、家族など身近な人の協力も必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする