パチンコで借金を返済しようと考えることが危険な理由!

パチンコで借金するときは、このお金を元手に勝って返すぞ!と思いますよね。

しかし、負けることの方が多く、負けを取り戻そうとしてさらに借金。勝てば勝ったで、もっと勝てると思い借金で軍資金を調達。

勝っても負けても借金を繰り返すようになりかねません。パチンコで借金を返済しようと考えることこそ危険です。

今回は、パチンコで借金返済ができない理由や返済するにはどうすれば良いかについて取り上げていきます。

パチンコで借金返済ができない理由

パチンコで借金返済ができない理由の一番は、「パチンコは負けるもの」だからです。

お客さんがパチンコにつぎ込んだお金以上に、勝たせていたらパチンコ屋は潰れます。

ズラーっと並ぶパチンコ台は高額です。人件費やホールの設備費、光熱費など経費も掛かりますよね。

お客がパチンコに使ったお金から、必要経費+利益を引いた残りがお客に還元されるのだから、出した以上のお金が返ってくるはずがないのです。

たまに勝たせてくれてもトータルすると負けているのが普通です。

もし、勝ったとしてもそのお金を借金の返済に充ててます?

勝ったお金はあぶく銭のように消えていませんか?

  • パチンコ資金にする
  • パーッと飲んで使ってしまう
  • ご褒美気分で買い物をする
  • 家族や友達におごる

勝って大金を手にすると、気が太くなって使ってしまったりしません。

パチンコで勝ったからと旦那さんがお小遣いくれたのに、数日後には負けたから、あのお金返してくれと言ってくるなんて話もよく聞きます。

結局、パチンコで勝ったお金は散財するか、次回のパチンコ資金になってしまうんです。

一度でもパチンコで借金したら泥沼化する

一度くらいは良いだろうと、パチンコ資金のために借金したら、借金を繰り返すことになりかねません。

給料をパチンコで使い果たし、貯金もなくなった時点でやめれば良いのですが、そんな状態になっているとパチンコがやめられなくなっています。

今どき、クレジットカードの1枚くらいは持っていますよね。

キャッシングができることを思い出して、今回だけのつもりで借りたお金、たいていは全額すってしまいます。

パチンコ資金どころか生活費もなくなって、さらにキャッシング。

生活費だけにしておけば良いものを、負けた分を取り戻そうとパチンコ資金も合わせて借りてません?

1枚目のカードの限度額がいっぱいになると、その返済のために2枚目のカードを作り、借金で借金を返済するようになります。

2枚目も限度額いっぱいになると3枚目と増えていき、パチンコをすればするほど借金が増えていくのです。

複数社から借金してしまうと、月々の返済額も多くなるので、滞納することもあるでしょう。信用情報にキズがつき、カードは作れないし借りることもできなくなります。

消費者金融で借り辛くなると、「審査不要」の貸金業者の誘いに引っかかりやすくなります。いわゆる「闇金」です。

闇金から借金してしまうとアウトですね。法外な利息と取り立てに追い詰められます。

パチンコのために借金すると泥沼化し、身の破滅を招きます。

パチンコで借金すると金銭感覚が狂う

パチンコのために初めて借金をするときは、少しためらいがあるかもしれません。

しかし、ATMで簡単に出金できると、自分の貯金を引き出したときと同じに感じてしまうものです。

借金したお金で勝つと、もっとお金を入れればもっと稼げると思い、負ければ取り戻さなきゃと思いますよね。

サンドに吸い込まれていくお金は、パチンコするためのチケット感覚で、ただの紙切れとしか思わなくなります。

生活費にも困る貧乏生活で、食事に出すお金は100円でもケチるくせに、パチンコには1万円札を惜しげもなく使ってしまうのです。

借金を借金とも思わず、パチンコには何万円でも何十万円でも当たり前に使ってしまうようになり、金銭感覚が狂ってしまいます。

パチンコの借金を返済する方法

パチンコで借金するようになっていたら、パチンコをやめない限り返済は不可能です。

パチンコ依存症になっていたら、パチンコをやめるのは簡単なことではありません。

パチンコ依存症は完治しない病気だからです。完治しない病気ですが、回復することはできます。

自分がパチンコ依存症だと自覚すること、本気でやめると決意することは絶対条件です。

自分の意志だけで立ち直るのは困難なので、家族など身近な人の協力があった方が良いですね。

病院や回復施設、自助グループなどの助けが必要な場合もあります。

パチンコをやめることで、パチンコにつぎ込んでいたお金を借金の返済に充てることができますよね。

借金が多額で、収入では返済が無理な時は、債務整理で借金を減らすとよいでしょう。

債務整理をすれば、最低でも5年間ほどは借金ができなくなりますから、借金できない状態になった方が良いですね。

肝心なことは、自分で返済することです。身内に肩代わりしてもらうと懲りずに借金してしまいますからね。

パチンコをやめるのも借金を返済するのも自分で苦労することです。

まとめ

パチンコで借金するようになると、金銭感覚が狂ってしまい、借金を借金とも思わなくなります。

パチンコは負けるものなので、パチンコで勝って借金を返済するなんて考えで、安易に借金するのは危険すぎます。

自分の意志だけでは、パチンコをやめられなくなっているなら、身近な人に打ち明けて、依存症の専門家に相談するとよいです。

また、収入では返せないほどの多額の借金は、債務整理で減らすことができますから、弁護士などの専門家に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする