旦那がパチンコで借金していると発覚!妻が取るべき対策は?

旦那がパチンコで借金していた事が発覚したらショックですよね。

パチンコ依存症に陥っている可能性もあるので放置はできないですが、対処の仕方によってはエスカレートする可能性もあります。

今回は、パチンコで借金する旦那にどのように対応すれば良いかについて取り上げていきます。

旦那のパチンコ借金が発覚したらどうする?

家計の節約をしてがんばってるのに、旦那がパチンコで借金していたことを知ったら、怒り爆発するのが普通ですよね。

パチンコの借金が発覚したらすべきこと

借金してまでパチンコに行くようになっていると、パチンコ依存症になっている可能性があります。嘘もついていたことでしょう。

夫婦喧嘩は避けられないところですが、詰め寄れば逆ギレすることもあるので、冷静に話し合うことです。

  • パチンコに使っている金額を確認する
  • 毎月、パチンコにどれくらいのお金を使っているのか確認しておくこと。5万円、10万円、それ以上の場合もあります。

  • 借金がいくらあるか確認する
  • 借金がいくらあるか確認しておくことは大事です。本人も分からないほどの多重債務の場合もあります。

    信用情報機関に個人情報の開示を請求できます。漏れなく調べておきましょう。

  • 家計の状況を認識させる
  • 旦那が改心し、やり直す姿勢があるなら、パチンコに費やしたお金が家計をどれだけ脅かしているか、しっかりと認識させておきましょう。

  • お金の管理を任せない
  • 借金してまでパチンコをしてしまう旦那に、お金の管理を任せたら、有り金全部パチンコに使ってしまいます。

    給料振込の通帳やカードなど全て妻が管理し、旦那が引き出せないようにしておくことです。

    家計に必要なお金を理解させて、旦那さんはお小遣い制にします。

  • お小遣いをまとめて渡さない
  • 一ヶ月のお小遣いを3万円に決めたとしても、一度に渡さないことです。まとまったお金を手にすると、パチンコに行きたくてたまらなくなります。

    面倒でも、毎日千円渡すなど、その日必要な分だけ渡す方が良いです。出来ればお札じゃなくて小銭が良いです。

  • パチンコにハマった理由を聞く
  • パチンコにハマるようになったのは、何か原因があるはず。

    職場で対人関係が上手くいかずストレスになっている。家に帰ると妻に小言を言われるから帰りたくなかった。など、問題を抱えていることが多いのです。

    真面目な人ほど、誰にも言えずに抱えていて、たまたま行ったパチンコでスッキリしたなんてことがあります。

    そんな旦那さんの心境を理解して、環境を改善することも必要です。

  • パチンコ以外の趣味にシフトさせる
  • パチンコに勝ったときの興奮は、他のこととは比較にならないほど大きいものです。

    パチンコ以外の趣味にシフトできれば良いですが、代わりになる事がなかなか見つからないですよね。

    勝負ごとが好きでパチンコにハマった人の中には、パチンコから競馬にシフトさせることで、毎月1万円以上はギャンブルにつぎ込まなくなった人もいます。

    釣りやゴルフなど、何をしても趣味にはお金がかかりますが、パチンコほどお金を吸い取られる趣味はないでしょう。

パチンコで借金する旦那にNGな対応

パチンコで借金する旦那を怒り飛ばしたいのは誰もが思うところですよね。発覚したときの一発激怒は必要と思います。

しかし、度が過ぎると逆ギレされかねませんよ。

対処の仕方によっては、逆効果になることもあると知っておきましょう。

  • お小遣いを減らす
  • パチンコで借金を作ってしまったのだからと、お小遣いを減らしてません?

    パチンコをやめられない旦那の小遣いを減らすと、軍資金が足りなくなって借金してしまうこともあります。

    話し合いもせずに、小遣いの減額だけをすることは避けた方が良いです。

  • パチンコにハマったことを責める
  • パチンコにのめり込むようになったのは、何か原因があるはずです。その話に耳を傾けることなく責められると余計にストレスになるかもしれません。

    家庭環境が原因の場合もありますから、旦那さんの話を冷静に聞いてあげることです。

  • 借金の肩代わりをする
  • 妻に貯金や収入があると、借金を肩代わりで清算してやり直そうという場合もありますよね。

    夫婦ではどうにもならず、両親に泣きついて肩代わりしてもらうケースも多いようです。

    しかし、借金の肩代わりは害こそあれ解決にはなりません。

    自分はなにも痛い目をしていませんから懲りずに繰り返します。パチンコで借金しても誰かが払ってくれると脳の回路が覚えてしまうんです。

    借金返済のために、本業外でバイトして払うなど、旦那さんにしんどい思いをさせて返済させた方が良いです。

    旦那のバイト収入くらいでは払えない額なら、債務整理が必要かもしれません。突き放しすぎず相談しながら解決していくことですね。

旦那のパチンコ依存症は治らない

パチンコ依存症になってしまうと回復はあっても完治はないと言われています。

実際には、パチンコ依存症から立ち直っている人もいますが、依存症は精神的な病気であり医学的には完治しないとのこと。

自分の意志でやめると決意しない限り、回復は見込めません。

回復していたと思っても、何かのきっかけでパチンコに依存してしまう可能性が髙いのです。一生に渡って注意が必要なのです。

ギャンブル依存症は一生治らないと言われていますが、回復することは可能です。ただ、克服するために絶対欠かせないことがあります。自力で克服する際はもちろん、どんな名医にかかろうと、依存症回復施設に入ろうと、これなしでは絶対に克服はあり得ないことです。

旦那のパチンコ依存に早く気付くこと

パチンコ依存症は本人が気付いてないか、認めない場合が殆どです。

お小遣いの範囲内で、楽しんでいるだけなら良いですが、借金してまでパチンコにお金をつぎ込むようになれば立派なパチンコ依存症と言えます。

借金するに至るまでに、何か前兆があるはず。

お小遣いを渡したばかりなのに、足りないと追加を要求してきたり、嘘を言ってお金を出させたりしてません?

残業だ、休日出勤だと言っていたのに、給料は残業手当や休日出勤が加算された額ではないとか。

パチンコ依存が重症化してくると、回復にも時間がかかります。借金も多額になっている場合が多いです。

パチンコ依存症に早く気付いて対処するほど回復も早いので、周囲が気付くことが大事ですね。

本人は気付かないし、認めませんから、認めさせることがまず一番です。

旦那がパチンコで借金してたら離婚もあり?

旦那がパチンコで借金していることが原因で離婚を考える女性も多いですね。

子育てや家事にも協力的で優しく、パチンコ以外は申し分ない旦那さんの場合は、離婚にまで至らないことが多いようです。

もちろん、もう二度としないと約束してのことですけどね。

約束を破ってパチンコで借金をしたら即離婚と言い渡していることが多いです。

それでも、パチンコをやめられず借金を繰り返すケースもあり、二度目になると離婚に踏み切る女性が多いです。

何百万円もの借金、人によっては一千万円を超える借金をパチンコにつぎ込んでいる場合もあります。

返せないほどの借金となると離婚した方が良いのかもしれませんね。

ですが、数万円、数十万円の借金で、返済できる借金の場合も安心はできません。

借金しても返済できることを経験すると懲りないんです。

特に、妻や両親に借金の肩代わりをしてもらったりすると、本人は何も痛みがありませんから、パチンコも止めないし、簡単に借金してしまいます。

離婚しないのなら、旦那がパチンコに依存しないように、借金を繰り返さないように、妻の理解と協力が欠かせないです。

旦那のパチンコ依存に一生付き合いながら、コントロールしていくことです。

パチンコの借金が原因で離婚するなら!

パチンコで借金する旦那との間に子供がいる場合に、知っておくべきことがあります。

旦那からの養育費は期待できない

子供を引き取って離婚した場合、養育費を請求できます。養育費は自己破産したとしても免責されないお金です。

しかし、多額の借金を抱えた旦那から養育費をとることは困難と思っていた方が良いです。

離婚するにあたり、義両親を巻き込むことで義両親に養育費を払ってもらったという例もあります。

旦那のパチンコ借金が原因で離婚する場合は、夫婦だけで決着しない方が良い場合があることを知っておきましょう。

児童扶養手当(母子手当)や児童手当など子供の年齢によって受けられる支援がありますが、それだけでは生活できませんよね。

就職して収入を得ることは必須です。

旦那のパチンコ借金を子供が被ってしまうことも

妻は離婚すれば縁が切れますが、父親と子供の親子関係は切れません。

もし、旦那が借金を残したまま亡くなったら、子供が借金を被ってしまうのです。

対処法は裁判所で相続放棄の手続きをすることです。

相続放棄は、相続権があることを知ってから3ヶ月以内にしなければならないので、知った時点ですぐに手続きすることです。

親が離婚していると父親が死亡したことさえ知らずに、貸金業者から請求書が届いて慌ててしまうこともあります。

母親が存命のうちなら知った時点で対処することができますが、子供だけになっている場合は困惑します。

父親がパチンコ依存症で借金を重ねているなんて子供に知られたくないでしょうが、知らせておかないと、子供が借金を被ることになります。

貸金業者によっては、死亡3ヶ月が過ぎたころに請求書を送ってくることもあります。

借金があることを知らずに相続していたら借金も相続することになります。

離婚していない場合でも、旦那の借金を把握しておくことや子供に事情を話しておくことは必要ですね。

まとめ

旦那がパチンコで借金していることが発覚すると、離婚しか考えられないと思うかもしれませんね。

離婚するかどうかに関係なく、パチンコで借金する癖は治しておきたいところです。

甘い対応では懲りずに何度も繰り返しますが、責めるだけでは逆効果の場合もあります。

将来的に旦那のパチンコ借金が子供に掛かってくる場合もありますから、冷静に話し合うことが必要ですね。

旦那がパチンコにのめり込んで、生活費にも困るようになると、金銭的にも精神的にも離婚した方がマシ!と思うのも当然です。そこで、今回はパチンコがやめられない旦那が許せなくて離婚しようとするときに知っておかないと後悔することを取り上げています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする