パチンコで借金するようになったら返せなくなる?依存症の恐怖とは!

パチンコで借金する人は借金の額に関係なくパチンコ依存症です。

パチンコをしない人からするとギャンブルで借金するなんてあり得ない。愚かな遊び人がすることと思っています。

しかし、実際には真面目に仕事する人や人望も厚い人でも、パチンコ依存症になってしまうと借金してしまいます。

借金地獄に陥って、人生を棒に振ってしまう人もいますよね。

今回は、パチンコで借金することの恐ろしさについて取り上げていきます。安易に手を出さないように肝に命じてほしいです。

パチンコで借金すると地獄が始まる?

パチンコを始めたキッカケは、友人に誘われて行ったとか、暇つぶし、気晴らしなど、些細なことですよね。

最初から大金を賭ける人はそうそう居ないでしょう。

しかし、ビギナーズラックで大当たりを経験するとその快感が忘れられなくなったり、負けたのが悔しくてリベンジしたくなったりで、徐々にハマっていきます。

1,000円で10万円も勝つこともあり、また10万円勝てると思ってしまい、負けても負けてもお金をつぎ込むようになります。

1,000円が2,000円になり、5,000円、1万円、5万円と1日に使う金額も多くなり、財布が空っぽになるまで使ってしまう。

財布が空っぽになると貯金を引き出し、やがて貯金残高もゼロ。

しかし、お金が無くなってもパチンコをしたい衝動を抑えられず、財布の中にあったクレジットカードでキャッシング。

パチンコで借金することに、少しはためらいがあっても1万円くらいならすぐ返せると、安易に手を出してしまいます。

手持ちの現金がなくなれば、ATMで引き出すことが常になっているので、クレカでキャッシングするのも自分のお金を引き出すような感覚になってしまいます。

しかし、その1万円をものの1時間ですってしまうと生活費にも困るので、さらに借金するしかないですよね。

パチンコで借金、負けても明日勝てば良いと思うようになり、借金を繰り返し融資上限額まで借りてしまうと、新たなカードを作って限度額いっぱいまで借りる。

複数のカードを使い、借金を借金で返すようになると多重債務者。

消費者金融からの借り入れもできなくなり、もう終わりか! と思っていたときに闇金融からの甘い誘いに乗ってしまい闇金にまで手を出してしまう。

闇金にまで手を出すと、もうどうにもならなくなります。

自分はそんなバカなことはしないと思っていても、借金してまでパチンコするのは、パチンコ依存症になっているからです。

パチンコ依存症になると金銭感覚が狂ってしまうので、正常な判断ができなくなります。

パチンコで借金することは借金地獄の始まりになるのです。

パチンコで勝っても借金を返せない

パチンコで勝って返せると思って借金してないです?

でも、勝つより負ける日の方が多くて、返すどころか借金残高が増えていません?

借金したお金で勝ったときには、パチンコ資金に使ってしまいますよね。

借金するときは、パチンコで勝って返すぞ!と思っていても、そう簡単に勝てるものでもないし、勝ったら勝ったで、このお金でもっと勝てると思ってしまうんです。

パチンコ屋が損をするようなことはしません。お客が使ったお金以上に還元なんて絶対しないのです。

たまに勝たせてくれても、トータルでは負けているって気付きましょう。

パチンコで勝って借金が返済できるなんてことはないのです。

真面目に働く人ほど借金しやすい

真面目に働く人は、ちゃんと収入があるのだから、借金なんてしないって思いますよね。

でも、真面目な人ほど危険かもしれないですよ。

就職して収入がある人は消費者金融の審査も通りやすく、カードを何枚も作れますよね。

社会人になったら、カードの1枚や2枚持っているのが普通です。新たにカードを作らなくても使えるカードを何枚も持っていたりしません?

このお金すってもカードがあるじゃないか! と気持ちが太くなることも。

キャッシングを利用し始めると、融資限度額が引き上げてもらえることも多く、限度額いっぱいまで借りてしまい利用額も膨れていきます。

真面目な性格ゆえに、パチンコの借金で困っているなんて誰にも相談できず、どうにもならなくなるまで借金し続けてしまうんです。

消費者金融の次に手を出すのは闇金融

クレジットカードで借りるのが常習化すると限度額なんてすぐにいっぱいになり、返済とパチンコ資金を工面するため何枚もカードを作るようになります。

4~5枚くらいは審査も通り作れるでしょうね。

複数社から借金すると、月々の返済額も多くなり返済に困ることになります。しかし、どこからも貸してもらいない状態になります。

そんな時、審査不要、即日融資OKのところはないかと探したりしません?

正規の金融業者でそんなところはないですよね。でも、お金に困っていると甘い誘いに乗ってしまいます。

闇金は法律なんて関係ないですから高利は当たり前、借りてしまったら2~3ヶ月で地獄を見ることになり兼ねないですよ。

トゴって聞いたことありません?

「トゴ」とは、10日で5割の金利ってこと。1万円借りたら10日後には15,000円になります。

闇金は、お金がないことを分かって貸しているので、完済させずに利息だけ奪い続けます。遅延金や手数料も取られ放題で、1万円が数十万円、数百万円になるのはすぐです。

どんなにお金に困っても、闇金に手を出すのは危険です。言われなくても分かってますよね。

でも、パチンコ依存症になってしまうと、そんな判断もできなくなるのです。

パチンコによる借金地獄から脱出するには!

パチンコで借金なんかしなければ借金地獄に陥ることもないので、パチンコはお小遣いの範囲内ですることです。

でも、それができずに借金してしまっているんですよね。

パチンコ依存症による借金地獄から脱出するには、パチンコ依存症を克服することは欠かせません。

簡単にできることではないですが、やるべきことを書き出してみますね。

  • パチンコ依存症だと認める
  • 本気でパチンコをやめる決心をする
  • パチンコ屋に近づかない
  • 家族に打ち明けて相談する
  • お金の管理を自分でしない
  • パチンコ依存症の治療をする
  • 本業以外でバイトして収入を増やす
  • 借金問題を専門家に相談する
  • パチンコ以外の趣味を見つける

パチンコ依存症だと認める

「自分はパチンコ依存症なんかじゃない。やめようと思えばいつでもやめられる。」と、思っていません?

じゃあ、ほんとうにやめられるか試してみましょう。

パチンコできなくても平気なら大丈夫だけど、パチンコのことばかり考えて、打てないことでイライラしたり、気持ちが落ち込んだり、禁断症状が出れば確実に依存症です。

本気でパチンコをやめる決心をする

周囲からどんなに言われても、自分でパチンコをやめる決心をしないと、パチンコ依存症が回復することはありません。

禁パチしたときの禁断症状はとても辛く長引きます。ちょっとでも気を緩めたら逆戻りはすぐです。

パチンコ依存症であることを自ら認め、本気でやめる決心をしないと克服はありえないです。

パチンコ屋に近づかない

禁パチできたと思っていても、パチンコ屋に近づくと打ちたい気持ちが沸々と湧いてきて、あっさりと入店してしまいます。

店に入ったらおしまい。打たずにはいられなくなります。禁パチ期間が1年あったとしても、誘惑に負けてしまいます。

パチンコをやめると決心したら、絶対にパチ屋に近づかないことです。

家族に打ち明けて相談する

自分一人でパチンコ依存症から立ち直り、借金の返済をするのは困難です。絶対にやめると決心してもパチンコしたい気持ちを抑えられなくなります。

家族にも一緒に戦ってもらうことになるので迷惑をかけますが、協力してくれる人が必要です。

お金の管理を自分でしない

パチンコ依存症の回復に協力してくれる家族や身近な人がいる場合は、お金の管理をしてもらいましょう。

  • 通帳やカードを自分で使えないようにする
  • 通帳、印鑑、キャッシュカード、クレジットカードなどを協力者に管理してもらい、預金引き出しや借金ができないようにすること。

    自分で自由に使えるお金に強制的に制限をかけてしまうんです。そして、毎日、必要なお金だけをもらうようにします。

  • 持ち歩くお金は千円以内の小銭
  • お金を持っているとパチンコがしたくなります。1日に最低限必要なお金は千円あれば足りるのではないでしょうか。

    千円札を持っているとパチンコに行ってしまうかもしれないので、小銭にしておくと良いですね。

パチンコ依存症の治療をする

自分の意志だけでパチンコ依存症を克服するのは困難な場合は、治療が必要になります。

  • 自助グループに参加する
  • 全国各地にGAという自助グループがあります。

    基本的に無料で利用できるグループで、依存症の人が定期的に集まって自分の悩みや体験を打ち明け合うことで、助け合う集まりです。

    対人関係が苦手な人には、かえって負担になることもありますが、支え合う場として利用を考えてみるのもひとつの方法です。

  • 病院で治療を受ける
  • 病院の依存症外来や精神科で診断を受け、必要な場合は入院治療もできます。

    地域の保健センターなどで、依存症の治療をしている病院を当たってみると良いです。

  • 依存症回復施設に入所する
  • パチンコ依存症が重度の場合は、依存症回復施設に入所することも必要かもしれません。

    パチンコから確実に隔離されますし、パチンコ依存症であることを認めるところからプログラムされています。

    ただし、依存症回復施設に入所するには、毎月20万円程度の費用が必要になります。

本業以外でバイトして収入を増やす

パチンコをやめれば借金の返済ができるなら良いですが、給料で返済できないほど多額の借金になっていたら、バイトしてでも収入を増やすことです。

空いた時間をバイトすれば、パチンコをする暇もなくなります。バイトで得たお金と給料から出せるお金を全て借金の返済に充てます。

お金に余裕ができると、パチンコをしたくなるので、暇を作らないように必死で働くことですね。しんどい思いをするほど、パチンコで借金したことが身に染みます。

借金問題を専門家に相談する

借金が多額になっているとバイトをしても返済が困難な場合もありますよね。

例えば、300万円の借金を3年で返済するなら、元金だけで毎月83,000円の支払いなります。利息が15%だと月々の支払いは、約104,000円です。

本業+バイトで収入を増やしても支払いが難しい場合は、債務整理で借金を減らすことも必要かもしれませんね。

弁護士や司法書士などの専門家が無料相談をしているので、利用してみると良いでしょう。

債務整理をしても、自分で返済する苦労はした方が良いです。自己破産で借金がゼロになると痛みを感じませんから、また借金する可能性が髙いからです。

パチンコ以外の趣味を見つける

パチンコで作ってしまった借金の返済のために、昼夜働いていればパチンコする暇もないですが、バイトするまででもない場合は暇ができます。

暇があるとパチンコしたくなりますから、パチンコ以外の趣味を見つけることも必要です。

パチンコほどの高揚感を得られる趣味は無いと思いますが、なんでも良いので暇を作らないように始めてみることですね。

パチンコ借金を完済するまで油断禁物!

パチンコをやめて必死で働いて借金の返済をしていると、複数ある借金もいくつか完済できて月々の返済額が減りますよね。

借金が半分くらいまで減ってくると、お金に余裕もできて気が緩みます。

すると、ちょっとくらい良いだろうという気になり、パチンコをしてしまいます。

ですが、パチンコ依存症は完治しない病気なので、ちょっとのつもりが再燃してしまい、パチンコにのめり込むことになります。

借金も減っていることだし、返済できるからとまた借金を増やすことにもなりかねません。

パチンコの借金を完済するまで油断は禁物です。

さらに、借金完済後も油断するとパチンコにのめり込む生活に逆戻りします。一度パチンコ依存症になったら、一生涯注意が必要なんです。

まとめ

パチンコで借金するようになったら、確実にパチンコ依存症です。

一刻も早くパチンコ依存症の対策と借金問題の解決をしていかないと、借金地獄に陥ってしまいます。

パチンコ依存症は完治することがない病気ですが、本気でやめる決心をすれば回復することができます。

パチンコ資金のために借金しないことが一番ですが、すでに借金しているなら、パチンコをやめて借金を返済することです。

パチンコで借金するなんて愚かすぎます。はやく気付きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする