競馬で借金返済できるのか?一歩間違えると依存症になる!

競馬は少額資金で楽しむことができる公営ギャンブルですが、当たりが大きいレースもあり、競馬で借金を返そう! なんて方もいますよね。

日本のギャンブル依存症の90%はパチンコ依存症と言われており、競馬依存症の人は少数ですが、楽しみ方次第では競馬も依存症になります。

特に、競馬で当てて借金を返そうとハマっていると、借金が一気に増えることもあります。

今回は、そんな競馬の借金について取り上げてみます。

競馬で大穴当てて借金返済の夢を見る

競馬で大穴当てて借金返済が一気にできた!なんて話を聞いて馬券買いまくった結果、逆に借金が増えてしまうことはよくあること。

競馬で一発逆転を追い続けるうちに、やめられなくなり借金が増え続けてません?

やみくもに全レースを買ってみたり万馬券に大金つっ込んだり、給料の殆どを競馬につぎ込んで、軍資金がなくなれば借金。

借金してしまったら、大穴当てれば一気に返せると半ば奇跡が起こることを期待して借金を重ねていく。悪循環ですよね。

競馬は100円からでも購入することができ、100円馬券が1万円になることもあるので、もっとお金をかければ、大金を手にできると夢を抱きやすいです。

競馬依存症かもしれない?

競馬はパチンコに比べると依存症になる人は少ないですが、競馬が好きなだけの競馬ファンなんだと思い込んでいるだけかもしれません。

純粋に競馬ファンの人は、競馬を楽しむために馬券を買いますよね。勝っても負けてもレースを楽しむためのお金なので拘りません。

スポーツ観戦をするのと似たような感覚ですよね。

しかし、何かのきっかけでお金を追うようになると、競馬依存症へと転落していくことがあるのです。

特に、お金をつぎ込んで失うと、競馬で取り戻したくなりません?

万馬券で当たったことがある

競馬は、100円で買った馬券が1万円になることもありますよね。100倍になるんですよ。

そんな大穴を当ててしまうと、1万円買っていたら100万円になったのになぁって思ってしまいません?

もし、そのとき借金を抱えていたら、次はもっとお金をかければ、競馬で借金を返せる!なんて期待してしまいます。

万馬券で当たったら、パーッと使っちゃうくらいでないと、次こそ当てるぞ!と、競馬にのめり込みやめられなくなっていきます。

競馬はインターネットでできる

競馬はパチンコのように毎日できるものではないので、依存しにくいと言われています。

しかし、インターネットで馬券が買える時代になり、いつでもどこでも手軽にできるようになりました。

インターネットで競馬をするようになると、怪しげな競馬予想メールなんかも届くようになり、詐欺商材に引っかかることもありますよね。

自宅で寝っ転がりながらでもできてしまうインターネット競馬の手軽さから、競馬依存症になってしまうことも考えられます。

競馬を投資と思っている

競馬を投資と同じように捉えていたりしません?

まぁ、FXなど株もギャンブル性があります。不動産だって価格がどうなるか分からないのでギャンブル性があります。

そんな風に考えれば、競馬も投資と言えないでもないですが、競馬はギャンブルです。

馬券は資産にはなりませんから、投資と同じように考えるのは危険ですね。

競馬の収支をつけている

競馬の収支を付けている人は、きちんとお金の管理をしているのだから、競馬依存症になったりしないと思いますか?

収支表を付けるということは、お金に執着しているとも言えますよね。

収支がマイナスになれば取り戻したくなります。プラスになればもっとやろうと思います。

収支表を付けるようになると、競馬がやめられなくなるかもしれませんよ。

競馬で借金は返済できない!

競馬で大穴を当てて借金の返済ができるのは、運が良かった人だけ。そんな奇跡みたいな話に期待して競馬にのめり込むのは危険ですね。

パチンコで作ってしまった借金を、競馬で返そうと大金を突っ込んで、かえって借金を増やしてしまったなんてこともよくある話です。

勝負事が好きな人は、特に危険!お金に余裕がないときに一発逆転の夢を持たないことです。

馬券を買ったお金は、レースを観戦するためのチケット代と思えるくらいが良いですね。

競馬依存症にならない楽しみ方は?

勝負事が好きでパチンコがやめられない人が、パチンコをやめるために競馬に乗り換えたという例もあります。

競馬はパチンコとは質の違う楽しみ方ができるギャンブルです。

「競馬ファンなんです!」と堂々と言う人は多いですが、「パチンコファンです!」なんて誰も言いませんよね。

レースを楽しむ

競走馬が疾走する姿は爽快です。好きな馬や好きな騎手を応援したりもしますよね。

競馬って、スポーツ観戦と似たような楽しみがあります。

レースを楽しむ競馬ファンは、馬券の当たり外れに拘らず、レース展開にワクワクすることで夢をもらっていたりします。

お金儲けと思わず、馬券はレース観戦のチケット代と思って、大金を賭けないことです。

当たり馬券で思わぬお金が入ったら、パーッと使い切ってしまうくらいが良いですね。

予想を楽しむ

予想が当たるかどうか楽しむには、やはり馬券を買った方が緊迫感があるものです。

なので、予想をより楽しむために馬券を買うことを止めはしませんが、掛け金を少額にすることですね。

馬券は100円から買えますから、1,000円くらいまでにしておきましょう。

ただ、競馬依存症になってしまっていたら、予想すると大金を賭けて馬券を買いたくなりますから、予想もしない方が良いですね。

競馬に使うお金を決める

お小遣いの中から、競馬に使うお金を決めておくことも大事です。

月に5千円と決めたら、それ以上は絶対に使わないこと。たまに勝つことがあっても、競馬に使うお金の上限を超えて使わない方が無難です。

勝ったお金で大金を使うようになると、エスカレートすることもありますから。

レジャー費のような感覚で、固定額を決めておくと良いです。

まとめ

競馬は国が認めた公営ギャンブルですが、レースを楽しむ競馬ファンも多いですね。

万馬券を当ててしまうと、一攫千金も夢ではないと思ってしまいますが、競馬はあくまでギャンブルです。

競馬で借金を返そうなんて、夢みたいなことじゃないでしょうか。

大穴を狙って大金を賭けるようになると、数分間のレースでお金を失い、借金してでも取り戻そうとするようになりかねません。

借金してまで競馬をするようになると、競馬依存症に陥ってやめられなくなりますよ。

競馬で借金の返済はできるなんて思わないことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする