ギャンブルで借金し始めたら依存症?自分は違うと言い切れる?

ギャンブルで借金をするようになったら依存症と言われていますよね。

でも、「自分は依存症なんかにならない。やめようと思えばいつでもやめられる。」と思っていません?ほんとうにやめられる自信あります?

借金してまでギャンブルをするようになっていたら、遅かれ早かれ地獄を見ますよ。

借金いくらでギャンブル依存症?

就職していれば、消費者金融でクレジットカードの審査もなんてことなく通りますよね。今どきのこと、カードの1枚も持っているのが普通でしょう。

割賦支払いでローンを組めば、キャッシング付きのクレカを手にしていることもあります。

ギャンブルでお金を使い切ってしまって困ると、使うつもりはなかったカードが強い味方になってしまいます。

最初は数万円だったかもしれません。借金したお金を軍資金にギャンブルですったお金を取り戻せると思ってしまうものです。

しかし、たいていは負けてしまい、さらに借金してしまう。それを繰り返すうちに借金を借金とも思わず、自分のお金を引き出すのと同じ感覚になってしまいます。

借金がどんどん膨れ上がり、返せないほどになってしまってもギャンブルはやめることができなくなってしまいます。

ここまで来たら完全にギャンブル依存症といえます。

しかし、よく考えてみましょう。

そもそも、手持ちのお金がないのにギャンブルをやめられず、少額でも借金で調達した時点で依存症の入口に立っているのです。

消費者金融での借金だけじゃないですよ。知人から数千円借りても、借金は借金です。

ギャンブルは安易に借金してしまう危険性がある

ギャンブルを始めたときは、余裕で使えるお金があったはずですよね。

お小遣いの範囲内で、ちょっと遊ぶだけのつもりで始めたのではないでしょうか?

興味本位でやってみた、友人に誘われてやってみた、などギャンブルを始めるキッカケは些細なことではなかったですか?

まさか、ギャンブルで借金するなんて想像もしてなかったことでしょう。

初めてやってみたギャンブルで大負けしたら、つまらないことに無駄使いしてしまったと思う人も多いです。

しかし、勝負心が強い人は、今度こそと負けても負けても懲りない人もいます。勝つと余計にしたくなりますよね。

ギャンブルにハマってしまうと、給料を全部つぎ込んでしまっても平気になってしまいます。ダメって分かっていてもギャンブルがしたい気持ちが勝ってしまうのです。

家賃や水道光熱費まで使い込んで滞納も常習、生活費にも困るようになります。

給料日の一週間後には、持ち金1,000円なんて状態になってしまい、食べるにも困ってしまい親や知人に泣きつく人もいますね。

頼る人がいなければ、自分で何とかするしかない。そんな時に、消費者金融と出会うとラッキーとばかりに借金することになります。

キャッシング付きのクレカでも持っていれば、すぐにも借りられますからね。

借金することに躊躇なんてなく、まるで自分のお金を引き出すみたいにATMで借りてしまうのです。

勝算も無いのに、このお金を元手に勝って返せると思ってしまい、結局借りたお金もすってします。そこで止めれば良いものを、もっと賭ければ勝てるとさらに借金してしまいます。

そうなってしまうと、借金が増えるのに時間はかかりません。

複数の消費者金融から借金するようになり、どこからも借りられなくなると、簡単に闇金に手を出してしまいます。

金銭感覚がマヒしているので、ギャンブルのお金を借りられるなら、闇金であろうがどこだって良くなってしまうんです。

ここまでくると、地獄を見ることになりますよ。

ギャンブルにハマると金銭感覚が狂う

ギャンブルにハマると金銭感覚が狂うと言われています。人によって違いはありますが、だいたい同じような感覚になるようです。

例えば、5万円の健康器具の購入を考えているとき、借金してまで買おうと思いますか? クレジットで買うにしても即買いはしないですよね。

もし、5万円の余裕があったとしても、すぐに購入する方は少ないですよね。

ほんとうに必要か、5万円ものお金を出す価値があるのかなど考えたり誰かに相談したりしません?

でも、ギャンブルに5万円つっ込むことに悩んだり迷ったりしません。そのお金が借金からだとしても平気になります。

コンビニで500円の弁当を買うのをケチっても、ギャンブルに1万円出すのは惜しくないって思うようになるのです。

そんな気持ちになっていたら、危ないかもしれないですよ。

ギャンブルの借金をストップさせるのはいつ?

ギャンブルの借金は雪だるま式に増えていきます。ストップするのはいつが良いかというと、早いに越したことはありません。

もっというなら、ギャンブルで借金しないことです。

1ヶ月のお小遣いを数日でギャンブルに使うとか、給料を全部ギャンブルに使ってしまうようになっていたら、借金に手を出します。

お金を計画的に使えなくなったり、ギャンブルに使ってはいけないお金を使うようになっていたら、自分でお金の管理をするのはやめた方が良いです。

家族など信頼できる人にお金の管理をしてもらい、千円以上のお金を持ち歩かないことです。

ただし、ギャンブルをやめようと自分で決めていればの話です。ギャンブルしたいのに使えるお金を制限されたら、借金してしまいます。

すでに、ギャンブルで借金をしているなら、これ以上増やさず借金を減らす対策を取りましょう。

まとめ

ギャンブルで借金をするようになっていたら、ギャンブル依存症は確実と言えます。

「やめようと思えばいつでもやめられる」と言っている人に限って、やめようとしたこともないし、やめることができなくなっているケースが多いです。

借金してまでギャンブルをするようになっていたら、借金が雪だるま式に増えて地獄を見ることになります。

ギャンブル資金のために借金に手を出さないことですね。

すでにギャンブルで借金をしている場合は、まずギャンブルをやめること。そして、借金をなくす対策をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする