ギャンブル依存症チェックで自己診断!該当1項目でも危ないかも?

ギャンブル依存症は、その対策を国でも取り上げるほどの社会問題になっていますが、新たな依存症患者が生まれ続けています。

ギャンブル依存症の怖いところは、依存症になっていると気付かないまま症状が悪化してしまうケースが多いことです。

そんなギャンブル依存症を、診断基準のチェック項目で自己診断することができます。

重症化しないうちに治療を始めることが肝心です。チェック項目を記載しておきますので自己診断してみてくださいね。

ギャンブル依存症チェック項目

ギャンブル依存症チェックシートは色々と出ていますね。表現こそ違いますが内容的には同じことを言っていますね。

医学会などで取り上げられているのはアメリカ精神医学会による診断基準(DSM-5)です。

(DSM-5)を直感でチェックできるように要点を纏めてみました。

  1. ギャンブルの賭け金が増えている
  2. やめたり中断したりするとイライラする
  3. 何度もやめようと努力したが成功しなかった
  4. 頭からギャンブルのことが離れない
  5. 嫌なことや不安がある度にしてしまう
  6. 損をした分をギャンブルで取り戻そうとしている
  7. ギャンブルをするために嘘をつく
  8. 仕事や学業をさぼる。人間関係が悪くなった
  9. ギャンブルのために他人にお金出してくれと頼む

いかがでしたか? いくつ該当しましたか?

上記の項目にいくつ該当するかで、ギャンブル依存症がどの程度か目安がつきます。

  • 軽度:4~5
  • 中度:6~7
  • 重度:8~9

しかし、1つしか該当しなかったら危険性がないと言えるでしょうか。

米国の診断基準(DSM-5)

米国の診断基準(DSM-5)を日本精神神経学会が監修したものは以下のようになっています。こちらも確認されてみてくださいね。

米国の診断基準(DSM-5)

(1)望むような興奮を得るために掛け金を増額したギャンブルが必要になる
(2)ギャンブルを切り上げたり、やめたりすると落ちつかなくなったり、いらいらする
(3)ギャンブルを控えよう、減らそう、止めようと努力を繰り返したが成功していない
(4)ギャンブルにとらわれている(過去のギャンブルを生き生きと思い浮かべたり、次のギャンブルのハンディ付けや計画を考えたり、ギャンブルの資金を得る方法を考えるなど、いつもギャンブルのことを考えている)
(5)苦痛な気分(無力感、罪悪感、不安、抑鬱)のときギャンブルをすることがよくある
(6)負けを別の日にとり返そうすることがよくある(負けた金の“深追い”)
(7)ギャンブルに熱中している程度を隠そうと嘘をつく
(8)ギャンブルのために重要な人間関係、仕事、教育または職業上のチャンスを危険にさらしたり、失ったりしたことがある 
(9)ギャンブルが原因の絶望的な経済状況を救済する金を出してほしいと他人に頼る

引用:日本精神神経学会

チェック項目での自己診断は、あくまで目安です。自分に甘い回答をしている可能性もありますからね。

もし、回答するときに「どっちだろう?」と、迷った項目があれば、YESだったのかもしれません。また、1つでも該当していれば大丈夫とは言えないかもしれないですね。

該当1項目でも依存症の可能性がある?

診断基準では4~5項目なら軽度のギャンブル依存症と診断になりますが、どれに該当するかで差があると思います。

該当4項目の中に次の3つが入っていたらどうでしょう。軽度ではないと思いませんか?

3.何度もやめようと努力したが成功しなかった
8.仕事や学業をさぼる。人間関係が悪くなった
9.ギャンブルのために他人にお金出してくれと頼む

また、米国の診断基準(DSM-5)にはないですが、ギャンブル資金を得るために違法行為に走ることもあります。

ギャンブルをするために善悪の判断さえできなくなり、犯罪に手を出してしまうこともあり得るのです。

まとめ

ギャンブル依存症になっているかどうか、診断基準のチェック項目で自己診断することができます。

該当項目が4つ以上あると依存症の危険性があると言われています。

ですが、該当項目によっては1つでもギャンブル依存症の可能性がないとは言い難いです。

ギャンブル依存症は完治できない病気ですが、回復することは可能です。しかし、重度になると改善するのが難しく長期化します。

お金と時間を失うだけでなく大切なものも失うことになりますから、自己診断をしてみてヤバイと思ったら病院で治療をした方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする