ギャンブル依存症は病院で治療した方がいい?何科の病院に行くの?

ギャンブル依存症は自分の意思だけではなかなか克服するのが難しい精神疾患です。

保険診療が適用される病気なので病院で、治療することもできます。

ギャンブル依存症になってしまったら病院で治療した方がいいのか、また病院に行くとしたらどこに行けば良いのか、 病院の探し方や治療について取り上げています。

ギャンブル依存症は病院で治療した方がいい?

ギャンブル依存症は脳の組織まで変化させてしまう病気です。 変化してしまったのは元には戻らないとさえ言われており、完治することがないのです。

一生にわたってギャンブル依存症との闘病生活になります。

自分だけの力でギャンブル依存症から立ち直り、再発することなく過ごせればいいのですが、回復したと思っていても油断すると再発してしまうのです。

依存度が軽い場合には、病院で治療しなくても、自分の意思と家族の協力で回復することもでき、その後の人生をギャンブル依存症に逆戻りすることなく過ごせているもいます。

ギャンブル依存症になったら誰もが病院で治療した方がいいのかと言うと、そういうわけでもありません。

人によっては病院に行くことがストレスになることもあります。

しかし、一生の戦いになるので長い人生の間何があるかわかりません。頼る所として主治医がいた方が安心なのではないでしょうか。

ギャンブル依存症の治療をしている病院

ギャンブル依存症の治療をしている病院は、精神科、心療内科、依存症専門外来などです。

一番いいのは依存症専門外来で治療することですが、町医者のようにどこにでもあるというわけではありません。

精神科の病院でも依存症の診療はしたいしていないところもあります。

でも、どの病院を受信すればいいのか分からない場合は、近くの精神科で診てもらって、専門外来を紹介してもらうと良いでしょう。

地域の保健所や、精神保健福祉センターに相談して、依存症の治療をしている病院を紹介してもらうこともできます。

全国保健所一覧 

全国精神保健福祉センター一覧 

ギャンブル依存症は、アルコール依存や薬物依存のように、体に症状が出ないので、本人だけでなく周囲の人も気づきにくい病気です。

本人よりも家族の方が気づきやすいですから、 家族と共に病院を受診してみるといいです。

ギャンブル依存症の病院へ行くタイミング

ギャンブル依存症の治療をするには、本人の意思で「ギャンブルをやめる」と決意がないと、どんなに家族が病院をすすめても受診を拒みます。

本人が病気だと思っていないので、病院で治療するなんて納得できないのです。

ギャンブル依存症の治療で病院行く場合には、本人が自分から治したいと思っていることが、必須です。

ですので、ギャンブル依存症の病院へ行くタイミングは、本人が依存症に陥っていることを認めて、やめたいと思うようになったときです。

そのためには、家族がギャンブル依存症について勉強し、時間をかけて本人にギャンブル依存症になっていることを、気づかせてあげることですね。

依存症の本人を責めたり、押し付けたり、ダメな人間扱いをすると逆効果になるので、人格を尊重しながら、病気なんだから治さないといけないと訴え続けることです。

まず、家族がギャマノンという家族の自助グループに参加してみるのも良いでしょう。

ギャマノン(家族の自助グループ)

ギャンブル依存症は退院後のケアが不可欠

ギャンブル依存症の病院での治療は通院治療と入院治療があります。

入院治療だと強制的にギャンブルができない環境になるので、 どんなに決心してもギャンブル場に足がむいてしまうという方には入院したほうが早いですね。

しかし、病院に数ヶ月入院してギャンブルを止めることができても、ギャンブル依存症は数ヶ月くらいで治るものではありません。

ギャンブル場に近づいたり、テレビCMやインターネット、チラシなどで情報を見ることもしない方がいいです。

止められたんだからちょっとご褒美にいいじゃないか、なんて甘い考えでギャンブルに手を出してしまうとすぐに依存状態に逆戻りしてしまいます。

退院後も定期的に病院に通って、カウンセリングを受けるなどしながら長期に治療することが必要になってきます。

また、GAというギャンブル依存症者のための自助グループに参加することを病院でも勧められることが多いので、できるだけ毎週、参加すると良いです。

GA(ギャンブル依存症者のための自助グループ)

ギャンブル依存症は完治することはない、治療は一生続くと覚悟しておくことですね。

ギャンブル依存症病院まとめ

ギャンブル依存症は一生治ることがない精神疾患と言われていますが、回復することはできる病気です。

自分の意思だけで回復するのはなかなか困難な場合は、 病院で治療することもできます。

受診する病院は依存症の専門外来が一番いいですが、精神科や心療内科でも治療できる病院があります。

どの病院へ行けば良いのか分からない時は、地域の保健所や精神保健福祉センターなどで相談すると、 依存症の治療を受けられる病院を教えてもらうこともできます。

病院で治療を受けるためには、 ギャンブル依存症の本人 の意思で受診することが欠かせないことを覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする